ドン・キホーテ、高画質化したネットワークカメラ「SMAMOTCHER+」を4980円で発売

動体検知性能は従来モデル比で130%向上

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年07月18日, 午前 09:30 in Iot
0シェア
FacebookTwitter
Engadget Japan

ドン・キホーテ7月20日、同社のプライベートブランド「情熱価格プラス」の新商品としてWi-Fi接続小型ネットワークカメラ「SMAMOTCHER+」を発売しました。価格は税別4980円、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)にて取り扱い予定です。

SMAMOTCHER+は屋内向けのネットワークカメラで、スマートフォンの専用アプリ経由でカメラ設置場所の映像を確認できます。

防犯以外にも、子供やペットの様子を見守るなどの用途などで使用できます。スピーカーとマイクを内蔵しており、相互通話にも対応しています。

2019年5月に発売した「SMAMOTCHER」の高性能モデルで、動画・静止画の撮影性能が強化されています。動画は1440pで、静止画は400万画素で撮影可能です。また、撮影範囲は左右360°・上下90°に対応し、動体検知性能は、従来モデル比で130%向上しています。

Engadget Japan

SMAMOTCHER+スペック

カラー:ホワイト、ブラック

カメラ:

センサー / MSTRA325+3235

解像度 / 4.0MP(400万画素) CMOS

レンズ / 3.6mm

IR赤外線ライト / 8個(夜間撮影可能)

ビデオ形式:H.265

ビデオ解像度:最大2560×1440p

動体検知:対応(追っかけ機能付)

最低照度:0.1ルクス/F1.2

静止画撮影:対応

コーデック:mp4

音声入力:対応

音声出力:対応

録画モード:手動録画、動体検知録画、スケジュール録画、アラーム録画

録画メモリ:microSDカード(128GBまで対応)

ネットワーク:Wi-Fi / 802.11b/g/n

サイズ(約):幅65×奥行き85×高さ110mm

重さ:160g(microSDカード含む)

関連記事:SMAMOTCHER+

 

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Iot, Camera, smartphone, app, SMAMOTCHER+, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents