VOICEROID「小春六花」クラファン企画、3200万円の資金を調達

2021年以降に発売予定

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年07月3日, 午後 06:20 in voiceroid
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

TOKYO6 ENTERTAINMENTは7月3日、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGにて実施していた音声合成ソフト企画「小春六花(こはるりっか)」のプロジェクトで3200万円を超える資金調達したことを発表しました。1か月間で1400名を超える支援者が出資し、限定10名の20万円コース、限定100名の6万円コースが即完売、3万円コースにも700名近くが参加しました。

これによりテキスト読み上げソフト「VOICEROID」、歌唱ソフト「Synthesizer V」の音声ライブラリ制作が決定し、制作・発売はAHSが行い2021年以降に発売予定です。

Engadget
Engadget Japan

小春六花は手島nariさんがデザインを担当し、キャラクターボイスはアニメ「Wake Up, Girls!」などに出演していた声優の青山吉能さんが担当します。キャラクラーのプロフィールとしては「高校2年生」「身長160センチ」「5月16日生まれ」の3つの設定のみ明らかになっています。

企画したTOKYO6 ENTERTAINMENTはVOICEROID/VOCALOID「結月ゆかり」「紲星あかり」の制作に立ち上げから携わってきた創業者が2019年に起業した会社です。

関連リンク:「小春六花」公式サイト

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: voiceroid, vocaloid, animation, news, gear
0シェア
FacebookTwitter