Engadget Japan

マイクロソフトは7月13日、XiaoIce(シャオアイス)関連事業を独立企業として分離することを発表しました。XiaoIceはチャットボットサービスで、世界各国でサービスを提供しており日本では「りんな」として2015年8月にリリースされました。

リリースによるとオンラインユーザー数は6億6000万人で、サードパーティのデバイス数は4億5000万台に達したとしています。9億人以上のユーザーがXiaoIce経由でコンテンツにアクセスし、金融サービスや小売業等がXiaoIceのサービスをビジネスで活用しています。

XiaoIceはHarry Shum(ハリー シャム)氏がこの新会社の会長、Di Li(ディ リィ)氏が CEO となり、Zhan Chen(ジャン チェン)氏が日本支社のゼネラルマネージャーを務めます。分社に関わる作業は、数か月以内に完了する予定としています。

マイクロソフトは、新会社への投資を維持し、すべての XiaoIce 関連テクノロジーを新会社にライセンスします。今回の事業分離の目的は、XiaoIceチームが各地域に則したテクノロジーのイノベーションとビジネスを推進し、エコシステムの拡大を加速やカスタマイズ性を向上させることにあるとしています。

関連記事:日本マイクロソフト、スマホ向けのAI「りんな」を発表

source:News Center(マイクロソフト)