VirtuSphere:本当に歩き回れる仮想空間

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2005年09月26日, 午後 06:22
0シェア
FacebookTwitter
VirtuSphere
頭のおかしい人が作ったデススター死兆星のコスプレ、ではなく、VirtuSphere (バーチュスフィア)は操作者の移動にあわせて360度回転する球でできた仮想空間インターフェイス。各種センサがセットになっていて、無線ヘッドマウントディスプレイに映し出される仮想空間内を全方向に移動できる。歩行・走行・前転・匍匐にジャンプまで対応(実際のビデオ)。

ぜひ欲しいと思った3Dゲーム好きは一台5万から10万ドル(500~1000万円くらい)を用意してVirtuSphere社まで。2005年9月時点で世界に18台存在しており、ほとんどは米海兵隊や法執行機関の訓練用とのこと(FPS!)。その他の顧客はVR展示をおこなう博物館や建築関係で、モスクワのオリンピック招致委員会はまだ建設されていない競技場の仮想プレゼンにVirtuSphereを採用している(ロンドンに負けた理由かどうかは不明)。

とりあえずセガやナムコは早めに提携して日本に導入してください(ものすごく疲れる塊魂とか、本当に走らされるソニックとか)。






 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter