atari xbox 3600
「保証書?なにそれ?」という頭のおかしい改造野郎の方がまたも取り返しの付かない大技を披露。Seth Fogie氏による「Atari-Xbox 3600」は、Xbox 360の中身を引っこ抜いてアタリ2600 (1970年代の家庭用ゲーム機)の本体に詰め込んだいわゆるケースMOD。ごらんのとおりこの状態でちゃんと動いてます。

問題だったのはもちろん熱対策とXboxの巨大ヒートシンク。本体のうえに載っているように見えるアタリカートリッジは実はヒートシンクを収納・換気する部分になってます。熱対策も別に調達したファンを増設して対処しているとのこと。

残念ながらいまのところアタリ2600のゲームは動きませんが、そこはまあそのうちにどうにかなるでしょう。SFCになってたりメガドライブになっている初代Xboxはよく見かけます。

[本家Engadget]