チラ見せ広告(Teaser?)で話題作りに励んでいたトヨタ"MUSIC PLAYER"の正体はコンパクト2ボックスカー"bB"の新モデルでした。クルマ型Music Playerというコンセプトで開発され、サブウーファーを含む最大9つのスピーカーと車内11カ所のイルミネーション、8cm沈み込む「まったり」フロントシートで音楽を楽しむクルマとのこと。

カーオーディオ自体がなにか革新的というわけではないようなのでどうでもよいといえばよいのですが、プロモーションサイトのABOUTにあるコピーがとても気持ち悪いので(Flashなのでわざわざ手で書き写して)おすそわけします。
音、光、まったり。それが、「クルマ型MUSIC PLAYER」なのだ。
ココは、そんなクルマ型MUSIC PLAYER=bBを、とことん遊びつくすためのサイト。
もちろん、遊ぶのにルールはいらない。音楽が好き、というだけでいい。
どこまで楽しめるかは、すべてキミ次第だ。

「なのだ。」「ココ」「遊ぶのにルールはいらない」「キミ次第」......。昭和の香りを感じさせるカタカナ表記と居心地の悪い語尾、鼻の奥にツンとくるようなクリシェ、さすが世界有数の企業は広告屋も超一流です。


追記:Engadget Japaneseからのお知らせ(コメントの付けかた)