Nintendo DS:自作ソフト用WiFiテストアプリ登場、ソースも公開

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2005年12月29日, 午前 01:00
0シェア
FacebookTwitter

以前完成間近とお伝えした任天堂DSの自作ソフト用WiFiライブラリのテスト版が登場、ソースも公開されました。ライセンスの正式決定はこれからですがおそらくBSDかMITのどちらかになるとのこと。

DS用WiFiライブラリ開発に賞金をかけるWiFi Bountyにてマイルストーン1 (ハードウェアドキュメンテーションの公開)を達成していたStephen Stair氏によるもので、いまのところテスト用「ウォードライビング」アプリ(無線LAN APを探して情報をリストするいわゆるWiFiファインダ)、APへの接続(UDPパケットを送る)等が実装されています。

実売500万台突破・4タイトルがミリオン達成と波に乗るNDSですが、アドホックもできる無線LAN・独立した2画面・タッチパネル・気味が悪いほど持つ内蔵バッテリーとハッカーが何か面白いおもちゃを作るプラットフォームとしても魅力的。フラッシュカートリッジを持っていて.ndsファイルを実行できる人はテストに協力してみてはいかがでしょうか。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents