疾風のように現れ疾風のように去っていったGoogle PCに続き、ラリー・ページの基調講演であっさり決着がつくであろう噂の最新版。

Ars Technicaが「複数のソース」から得た情報として報じているところによると、Googleは明日の基調講演でペイパーダウンロードのビデオ販売サービスを発表するとのこと。すでにあるGoogle Video Searchと統合されたサービスとなり、CBSやNBAといったコンテンツホルダとのパートナーシップも発表される、としている。

もうひとつ、GoogleがPC向けアプリケーションバンドル"Google Pack"を提供するという話もあり。Google Desktop SearchやPicasa, Google Talkといったすでに公開されているGoogle製ソフトウェアの他、GoogleカスタムバージョンのFirefox、アドビAcrobat Reader、シマンテック提供のアンチウィルスソフト、AdAware、Trillian、さらに「RealPlayer」までがパックになっている、という(噂)。RealPlayerは上記のビデオ販売サービスに使われるから、といったもっともらしい説明もされている。

メディアプレーヤ/DRM技術プロバイダ・コンテンツホルダ・ディストリビュータの合従連衡をいかにももっともらしく説明する「ソース」もありますが、もし仮にすべて本当だったとして、連続殺人鬼レベルの素行の悪さで名を馳せたPC版RealPlayerがGoogle配布版ではまともになっていることを祈ります。


[本家Engadget]