趣味のリレー式コンピュータ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年01月23日, 午後 04:00
0シェア
FacebookTwitter


Portland State Universityで計算機科学を教えるHarry Porter氏が(どうみても趣味で)製作しているリレーコンピュータ。415個のリレー、111のスイッチ、350のLEDを使用、基本スペックはデータバス8bit / アドレスバス16bit / 8つの8bitレジスタ / Add, Incr, And, Or, Xor, Not, 左ビットシフト, Nopができる演算ユニットなど。人によってはうっとりしかねない作動中の動画もあり(QT 4MB. 無音)。



レジスタユニット(左)とALU(演算論理装置, 右)。




凶々しい(美しい?)配線。

ところで、「リレーってなんですか?」と尋ねるのは(取材に来た記者でない限り)別に恥ずかしいことではありません。Wikipedia辺りを参照してください。





 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter