セガ(ライセンス)の新携帯ゲームハードが登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年01月26日, 午後 03:01
0シェア
FacebookTwitter


「復ッ活!」「復ッ活!」「セガハード復活ッッ!」 「セガ携帯ゲーム機復活ッッ!!」というわけで、14キロのモノフルイドを飲み干して超回復を遂げたセガ本体から......ではないもののライセンスを受けたアジアントイメーカーから新たな携帯セガゲーム機が登場。

ギザの大ピラミッドを彷彿とさせるPSPonTVを代表にいかがわしいゲーム機器作りでは定評あるAsian Toy Source社発表の新ゲーム機は2種類あり、写真の「プラグアンドプレイ」型(メガドライブプレイTVやメガドライブ3のような) 20in1ゲーム機は顔面からコブシを突きだしたソニックの頭部という異常デザインさえ見なかったことにすればまあどうでもよいものの、注目はもう一つの「携帯ゲーム機」。同社によれば2.5インチの液晶画面に20種のゲームを内蔵した本物のポータブル機になるとのこと。


フォームファクター的にカートリッジスロットは望めないとしても、1チップトイファミコンを転用してカセットを使えるようにしたファミコン・ミクロのようなハックの良い材料になることは期待できるはず(e.g. BenHeckの携帯用メガドライブExodus)。

アジアントイソースは100ゲームとハード制作のライセンスを取得したらしく、うまくゆけば液晶画面つきの携帯メガドライブが二束三文で手に入るようになるかも。刮目して待つべし。

[via Joystiq]

[本家Engadget]


追記:ソニックはともかく左の画面写真をよく見てみると『SDガンダム Winner's History』?ということは......中身はゲームギア??


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents