水から酸素を取り出す人工エラ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年01月31日, 午後 09:03
0シェア
FacebookTwitter

イスラエルの科学者が、水から酸素を抽出できる「人工鰓」を開発しました。ダイバーがタンクなしで潜水できる「可能性」があるとのこと。

水から酸素をフィルタという話は前から良く聞くような気がしますが、LikeAFishと名付けられた新技術は遠心分離器を使い、中心の圧力が低くなった部分から水中に溶けた酸素を取り出す方式です。

研究者いわく、水中の溶融酸素の量はほぼ決まっているため、人が呼吸できるほどの量を取り出すには大量の水を処理する必要があり、モーターやバッテリーのために大がかりな機械装置が必要になるとのこと。そのためダイバー向けではなく、装置の大きさに制限がなく電力を安定供給できる海中居住施設などに向けて応用が考えられています。

[本家Engadget]

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter