ThinkSecret情報によると、動画再生に対応した現行の5G iPodは単なるマイナーチェンジ版であって、3.5インチディスプレイとバーチャルタッチホイールを備えた真のビデオiPodが今春にも発表される(と匿名のソースが証言している)とのこと。

TSが「アップルに近いソースに確認した」ところによればアップルは現行の5G iPod (画面サイズ2.5インチ)の発表前からすでに3.5インチ画面を備えたビデオiPodの開発を進めており、新しいiPodではクリックホイールが廃止されタッチスクリーン上で操作する新UI
バーチャルタッチホイールが使われる、という。少なくともタッチスクリーンに表示するホイール状UIの特許をアップルが取得 出願しているのは事実。

この「本物のビデオiPod」がどれくらいの価格・容量になるのかは不明ながら、Portal PlayerのWiFi / Bluetooth(A2DP)対応新チップ発表から噂された無線機能が搭載されないことについては複数の証言があるらしい。また発表時期についてもはっきりした情報はないものの、Macworld EXPOでジョブズが匂わせていたアップル30周年(4月1日)にあわせて発表される何かがこれになるのでは?という推測もあり。


仮に写真のような大画面iPod videoが登場したとして6G、次の世代で噂通りWiFi/Bluetoothが搭載されるとしたら、7G iPodはなかなか面白い機械になりそうです。迎え撃つ(はずの)新PSPやHDDウォークマンといったiPodキラーに期待。


[本家Engadget]