大英帝国の誇るガジェット・グルにしてイカレた自作野郎であるJason Bradbury氏の「ホバーボード」。本物のホバークラフトのように空気を噴いて(わずかに)浮かびます。

なるほど!と思った動力源は小型ガソリンエンジン搭載のリーフブロア。日本ではあまり聞きませんが、落ち葉を箒や熊手で寄せるのではなく自分の庭から吹き飛ばせばよいという文化圏で使われる肩掛け送風機のようなものです。空気パイプと噴出口、スカートを付けた板きれにブロアを載せたホバーボードの乗り心地は「氷の板に乗って滑るような感覚」。



というわけで当然のように事故も発生。しかもテレビ撮影中。


リモコン制御の模型飛行機用エンジンを載せて推進とコントロールが可能なv2.0も計画中とのこと。万が一真似したくなった方はRead先で作り方を教えてくれます。