さて、本日発売のニンテンドーDS Liteですが、任天堂に掲載された「お詫び」によると3月中の本体出荷は45万台(以上)、無印DS 20万台(以上)とあわせて少なくとも65万台とのこと。

「現在の出荷予定でも、お客様のご要望にお応えしきれないと認識しており、引き続き一台でも多くお届けできるよう鋭意取り組んでおります。今しばらくご迷惑をおかけすることになりますが、何卒ご理解賜りたく伏してお願い申し上げます。」

伏しているみたいですよ。またDS本体の供給が間に合わない現状に「鑑みて」、Touch!Generation新作の漢字そのまま楽引き辞典を3月30日から4月13日に、旅の指さし会話帳DSシリーズも各2週間ほど発売を延期するとも発表しています。

販売店によっては今並べば買えると思いますが、風邪を引かないように注意してください。