今から60年近く前、1948年10月号のPopular Mechanicsに掲載された「キーボード・アート」の記事。時代が時代なのでもちろんコンピュータではなくタイプライタで書かれたもの。よく見ると一字戻って重ね打ちというタイプライタ特有のテクニックも。


対する日本からは



寛政二年のアスキーアート。


[via MAKE:Blog]