laptop.orgというよく考えたらすごいドメインで展開しているOne Laptop per childプロジェクトの100ドルラップトップに新デザインが登場。当初はこれが最終デザインといわれていましたがまだ決定ではないとのこと。

スペックは変わらず7インチフルカラーと直射日光の下でも見えるモノクロのデュアルモードディスプレイ、(たぶんAMDの) 500MHzプロセッサ、128MB RAM, 500MBフラッシュメモリ、USBポート×4、$100ラップトップ同士でメッシュネットワークを作れる無線LAN、OSはLinux。





ハンドクランクも健在。




比べなくてもいいオリガミ/UMPCと比べると画面サイズはおなじ、OSはLinux、フルキーボードつき、オリガミが三時間でバッテリー切れしたあとも手回しで使用可能、価格は十分の一。みんな大好きウィンドウズが使えてタッチスクリーンのオリガミとは比較になりませんね。

ところでリンク先のOLPCプロジェクトサイトは現在日本語を除く8カ国語で提供中。各国語への翻訳に協力してくれる人を募っているそうです。我こそはと思う方はぜひ。



[本家Engadget]