任天堂岩田社長のGDC基調講演では噂されていた「レボリューション」の正式名称こそ発表されませんでしたが、レボリューションではメガドライブ・PCエンジンも遊べるようになること、DS用のゼルダ新作の登場が発表されました。

レボリューションのバーチャルコンソールサービスではこれまで任天堂のファミコン・スーパーファミコン・64のソフトが遊べると発表されていましたが(ゲームキューブはもとから互換)、これにセガのメガドライブやNECのPCエンジンのエミュレータも加わりました。セガ・ハドソンとの提携により「人気ソフトから」登場するとのこと。


DS用の新作ゼルダは「Zelda :Phantom Hourglass」。グラフィックはセルシェーディングのポリゴントップビューで、プレイングはビデオを見た限り2Dゼルダに近い感覚。お約束のペンを使ったギミックも......なんて書くよりとりあえず動画をどうぞ。

レボリューションの正式名称はプレイアブル出展もあるらしいE3までお預けのようです。ニンテンドーゴーじゃないことを祈りつつ待ちましょう。