世界最速の二足歩行ロボRunBot

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年04月5日, 午後 05:00
0シェア
FacebookTwitter

ドイツとスコットランドの研究者が開発したシンプルな二足歩行ロボ「RunBot」がMITの「Spring Flamingo」を破り世界最速の座についたとのこと。ただし体高30センチしかないのであくまでサイズ比での速さです。RunBotは脚の長さの3.5倍/秒で歩くことができ、フラミンゴの1.4脚長/秒という記録を大幅に更新。何はともあれ動画をどうぞ

脚一本に付きわずか2つのセンサー(接地と脚の振り)と、生物に学んだシンプルな学習型ソフトウェアで高度な(少なくとも速い)歩行を実現したところがポイント、らしいです。今のところ天井からブームで支えられているため部屋の中をぐるぐる回るしか能がありませんが次は自立して歩行できるバージョンが開発される予定。ロボダンス・コンテストで入賞を狙っている方はロボットっぽいすっ転び方の参考にどうぞ。

[本家Engadget]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents