二次元ポリゴンゲーム「アウターワールド」ハイデフになって復活

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年04月16日, 午後 03:00
0シェア
FacebookTwitter


中東では米軍のレーザー誘導爆弾がサダムの軍隊を壊滅させ、シアトルのOK HotelではニルヴァーナがSmells Like Teen Spirit を初演し、ミハイル・ゴルバチョフがソビエト連邦を正式に解体した1991年(この節リンク先から)、フランス人Eric Chahi が三年に及ぶ開発期間の末送りだした平面ポリゴンゲームAnother World は斬新なスタイルで瞬く間に人気を集め、後に『アウターワールド』として発売された日本でもそのビジュアルと不条理なゲーム性から今に至る「洋ゲー」イメージの形成に多大な影響を及ぼしました。そのアウターワールドが15年後の今年2006年ついに高解像度のリマスター版として復活。上の写真は縮小されていますがリンク先では新旧画面を並べて見られます。

公開されたWindows XP版は現在http://www.anotherworld.fr/からダウンロード可能。当時わけが分からないまま挫折した方、努力の末クリアできるようになった方、思い起こせばこのゲームの素晴らしさを力説した頃から友人が減り始めたという貴方もぜひお試し版を落としてみてください。この辺りから辿ればオリジナル版のGBA・ドリームキャスト・GP32移植版も見つかります。


[via Joystiq]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter