Mega Floppy 2006:フロッピー13台でRAID

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年04月21日, 午前 12:03
0シェア
FacebookTwitter


USB接続のフロッピーディスクドライブ13台でRAIDを構築した「メガフロッピー2006」。構成は13台のVST FDDと6つのUSBハブ、ホストはiBook G3上のOS X。OSから認識される総容量は17.5MB、実行スループットは70KB/秒程度。12.5MBのファイルをコピーした動画ではアクセスランプが順番に点灯・消灯しているところが見られます。

フロッピーRAIDはたまに誰かが思いついて実現していますが、XP SP2ではFDD13台でRAIDできるソフトが見つからず、OS Xでも13台までしか認識されなかったとのこと。そもそも作ってみた理由は「職場が大学のIT部門で、余ったFDDがたくさんあったから」。ぜんぜん理由になっていないところが素敵です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents