Eye-Fi Eye-Film:無線LANアップロード機能を内蔵したSDメモリカード

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年05月1日, 午後 08:00
0シェア
FacebookTwitter


容量1GBのSDメモリカードに無線LANを内蔵、メモリ内容を自動的にアップロードできるという製品"Eye-Film"。

すでに市販されているSDIO用の無線LANアダプタにメモリが加わりジャストSDカードサイズに収まった製品、かと思ったらそれどころではなく、どうやら記録されたファイルを無線LAN経由でアップロードする機能までがSDカードに内蔵されている(らしい)もの。

つまりWiFiデジタルカメラEasyShare OneやスマートフォンなどSDIO 無線LANカードに対応する製品だけでなく、一般のデジタルカメラや音楽プレーヤなどSDカードに記録するデバイスをすべて無線LAN対応にできる(!)ということ(といってもSDに書き込んだデータが自動アップロードされるだけですが)。メーカーEye-Fiのサイトにもあまり詳細がなくはっきりしたことは分からないのですが、デモを見せられたというロバート・スコーブルが興奮気味に書いているところによるとどうやら普通のデジカメからそのままFlickrにアップロードが可能だとか。

現在はまだ開発中ながら年内にも登場、価格は1GB版で$100程度になる見込み。ホスト側機器からは普通のSDカードに見えるということはネットワークの設定や同期・アップロードするファイルの設定などはどうするのか(PC用のソフトウェアから書き込む?)、アップロードにはPCとソフトが必要なのかそれともWiFiルータだけでいいのか、公衆無線LANも使えるのか、などかなり気になる技術です。

ネットワークに接続できたのか・アップロードに成功したのかをどうやって確認するのかも謎ですが(サーバ側からメール?)、Eye-Filmのコントローラが「ステータスメッセージの書かれたJPEG画像」をカードに書き出せばデジカメや携帯で見えるかも。




[本家Engadget]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter