キーボードとマウスの間で腕を行ったり来たりさせる無駄を省くべく開発された「コンビマウス」。左右に分かれた鍵盤の右半分がそのままマウスになってます。



使用中の動画。持ち方によってI,O,J,K,L,<,>あたりのキーがマウスボタン。いわゆるホームポジションに手を置けば鍵盤モードに、マウスを握る形で持てば側面のタッチセンサでマウスモードに(つまり手のひらといいますかパームレストに着く部分をちょっとずらす必要があります)。

右側のマウス鍵盤が普通のマウスとおなじくらい軽く動く、という文句を信じればじつは結構使えないとも限りません。

右側をまるごと動かすならsafetypeのような縦型キーボード(の分割版)がそのまま垂直マウスになっている形の方が自然かも......と思いましたが、鍵盤に求められる安定とマウスに求められる軽い動きの両立がそもそもの問題。


普通のフルキーボードと併用することを前提にした小さな片手キーボード付きマウス(と、ものすごく賢い専用ユーティリティ)があれば便利そうです。


マウスの上半身がFrogPadになったようなデバイス希望。




[本家Engadget]