au W42S ウォークマン携帯

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年05月22日, 午後 02:00
0シェア
FacebookTwitter


リスモッ!

......だけで終わらせるわけにもいかないので、前回のリーク記事では不明だった点など。まず、PC用の楽曲管理ソフトにはau Music Portのほかmp3, aac, atracその他に対応するSonic Stage CPも同梱されます。完全にLISMO/着うたフル専用かも、という不安は杞憂でした。

が、売りの内蔵1GBフラッシュメモリにはやっぱりLISMOで買った曲(か、HE-AAC 48Kbpsにリッピングした曲。着うたフル)しか入りません。ソニックステージを使う場合は別にメモステを買ってきてそちらに入れることになります(mp3などはATRACに再エンコードしてから転送)。また内蔵1GBフラッシュメモリは「音楽専用」なので画像やアプリの保存にも使えません(別に38MBのデータフォルダがあります)。

そのほか基本スペック(2.2インチQVGA、125万画素カメラ、ウォークマンA的なねじる再生コントロールキー「ミュージックシャトル」など)は製品サイトに......はぜんぜん情報がないのでリンク先のソニエリプレスリリースをどうぞ。(Felicaは入ってません。気にする人はそれほど多くないと思いますが、電子コンパスも無いようです。ナビ系機能を使うときはどっちが上/北か携帯をぐるぐるまわしてください)。

音楽プレーヤと考えると内蔵フラッシュ用着うたフルプレーヤとメモステ専用ATRACプレーヤが一台のなかで別居しているようなものですが、手持ちの音源を何度も再エンコードするのが趣味の方、リスモで1GB分購入する気満々の方、もとからATRACで管理してきたハードコアな方には大変すばらしい機種だと思います。

(日本の外では何機種も発売されているウォークマン携帯のひとつソニエリW850の記事も参考にどうぞ)。

追記:リスモ入れではなくあくまでウォークマンとして見たい方には+D LifeStyleに「ウォークマン ケータイはどこまで"ウォークマン"か」が掲載されています。PC側の楽曲管理ソフトだけでなく本体側の再生ソフトもau Music Playerとシャトルプレーヤーを行ったり来たりせざるを得ないとのこと。まさに携帯内別居。ただし、ミュージックシャトルでの操作はウォークマンの「ジョグレバー」と違い二段階に半端に引きだして回す操作はないようです。ジョグレバーは熟練しないと押し込み状態から二段階一気に(といっても数ミリ)引きだしてしまう極めて微妙な操作系だったのでこれは歓迎できるかもしれません。操作が減った分は画面を開いてメニューを選ぶようになっただけともいえますが。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter