Averatec AHI スライドキーボードUMPC

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年06月7日, 午後 09:00
0シェア
FacebookTwitter

Vaio type UW-ZERO3のようなスライドキーボード搭載で700グラム、WiFi・GPSに加えてWWAN(携帯データ通信)まで搭載して6時間駆動と他のUMPCと比較すれば夢のような(目標)スペックが公開されていたAveratec製コンセプトUMPCの続報が届きました。

Averatecによると開発中のUMPC AHIは(具体的な意味はさておき)VoIP・ビデオ会議通話・テレビやVoD視聴さらにゲーム用途に最適化されており、おそらくGPSナビと併用する音声認識も搭載。ハードウェアスペックとしてはCeleron M ULV 1GHz、30GBまたは40GB HDD、最大1GB RAM、130万画素カメラ、内蔵Bluetoothと802.11b/g無線LAN(オプションでWWAN)、4in1カードリーダ、外部VGA出力、画面は5インチ800x480など。

発売は今年Q4、価格は$800以下を予定。9万円程度という価格や豊富な機能、軽さの一部だけでも実現すればなかなか魅力的なデバイスになりそうです。

[本家Engadget]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents