マイクロソフトからMicrosoft Live Messenger 向けのUSBカメラ"LifeCam"シリーズ2機種が登場。LiveといってもXboxのLiveではなくMSNメッセンジャーの後継とされるPC版のLive Messenger向けです。

発売されるのはLifeCam VX-6000とVX-3000の二機種。双方ともノイズキャンセラつき内蔵マイク、メッセンジャーのコンタクト選択ウィンドウがポップアップする"Live Call"ボタンを搭載。メッセンジャーと連携したカメラコントロールやLive Spaceへの1クリック画像アップロード機能もあり。

違いは$100のVX6000が1.3メガピクセル(静止画はおそらく補完で5メガピクセル)、$50のVX-3000がVGA解像度なこと。Amazon.comでは予約が始まっていますが出荷は8月から。

[本家Engadget]