一般的にはあまり知られていないものの実は各社から提供されているWindows Mobileスマートフォン/PDAのほとんどをOEM/ODM生産している台湾HTCが"HTC"ブランドでスマートフォンの提供を開始するとのこと。これまでは自社設計・製造デバイスを各オペレータに提供しつつ自前の"QTek"ブランドを展開していましたが、今後は堂々とHTCを名乗ることになりました。

まずHTCブランドで登場するのはストレート型の3GスマートフォンMTeoR(またの名をHTC Breeze。写真上)、スライドキーボード搭載の軽量スマートフォンHTC TyTN (おなじみHermes、写真下)。モトローラ風の変な省略つづりに変なキャピタライゼーションですが「めてお」と「たいたん」?



ドコモから2006年下記に法人向け限定で登場するQWERTYキーボード搭載のWindows Mobile端末も「FOMA初のメーカーブランド提供」と発表されていたのでこちらもHTC ~になると思われます。

[本家Engadget]


(readリンク先はPDFのプレスリリース)