特許:旅客機の(比較的)安全な緊急着陸法

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年06月26日, 午後 03:00
0シェア
FacebookTwitter

またまたNew Scientist経由の変特許ネタ。バンコク在住の発明家Polchai Phanumphai氏が考案したのはジェット旅客機が飛行場以外の場所に降りなければならない状況で人命を救うという「固定翼機のための緊急着陸システム」。

ここまで聞いて上の図を見ればどれくらい不吉な話かなんとなく分かりますが、要約すると「緊急時にはあらかじめ仕込んだ爆薬で片方の翼を吹っ飛ばし機体をスピンさせ、旅客機を無理やり回転翼機のようにぐるぐる回しながら落とすことでふんわり軟着陸させる」システム。

このシステムにより着陸時の衝撃を減らし人命の損失を最小限に抑えることができ、かつリモートからの起動を組み込んでおけばテロリストによるハイジャックにも対応できると発明者は主張しています。

......まあ理論上は納得できる話ではあり、緊急事態に少しでも人命が助かるならそれに越したことはありませんが、この方法で着陸した場合は遠心力で乗客に被害がでそうです。


[via New Scientist]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents