一部のMacBook Proで発生しているノイズ問題について、アップルがお得意の「認めないし謝らないけど一部だけこっそり修理」を発動させた模様です。

特定リビジョン以降では発生しないともいわれていますが、ノイズがうるさいMBPを引いていたRickard Almqvist氏が別件でアップルに修理を依頼したところ、「機能は変わりませんがメインロジックボードを交換しました。ついては10.4.6のインストールDVDを同封いたしますので付属の10.4.5は使わないでください」という手紙とともに送り返されてきた修理上がり品ではノイズ問題も解消されていたとのこと。

「ノイズが出るので直してください」が無条件で認められるようになるのか、初期ロットである程度うるさいのは仕様範囲内なので直しません、今回は偶然交換の必要があってついでに直っただけ、なのかはまだ不明です。


[via TUAW]

[本家Engadget]