任天堂:ヒンジ割れDS Liteは0.02%、無償修理

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年07月22日, 午後 06:00
0シェア
FacebookTwitter

DS Liteのヒンジ割れ(蝶番部分の外装プラスチックLボタン寄りにヒビが見られる現象)について、米国任天堂から正式に問題を認める声明がありました。

発表によればヒンジ割れの報告は米国内出荷分のおよそ0.02%であり、外装プラスチックのヒビなのでゲームプレイやDSの機能になんら差し支えはないものの、カスタマーサービスに連絡すれば全台が無償修理の対象になるとのこと。


比較的早く公式に欠陥を認め全台無償交換に応じたことは(当たり前のことを当たり前にやったと)評価できます。が、0.02%という数字はあくまでヒビ報告の数から求めたもので、実際の欠陥率とは違うかもしれません。また外観だけの問題と強調されていますがそのまま使い続けたとき悪化するのかどうかも気になるところ。

前回の記事にいただいたコメントによると日本でもヒンジ割れLiteが出荷されているようです。気づいた方はオンライン修理受付またはお客様相談窓口へ。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter