ソニーから写真に位置情報を付加するGPSユニット

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年08月2日, 午後 06:00
0シェア
FacebookTwitter

GPSつき携帯なら簡単にできる「写真に位置情報データ埋め込み」を普通のデジカメでどうやって実現するかは一部の人にとって悩みの種ですが、ソニーからデジカメ写真のタグ打ち用GPSユニットGPS-CS1が登場しました。

といってもサイバーショットに無線やケーブルで接続して......という方法ではなく、GPS-CS1自体は長さ9センチ・重さ60グラムほどで単純なログ機能しかないGPSユニット。実際に写真とGPS情報をリンクさせるのはソニーのカメラやビデオカメラにバンドルされるPC用ソフトウェアPicture Motion Browserで、ログデータをUSBケーブルでPCに転送すれば写真ファイルの撮影時間から「この時間はどこにいたか」が分かるという仕組み。あとは地図上に写真を並べたり撮影場所で写真を探したりできるようになります。

つまりGPSとカメラを同時に持ち歩くこと、時計を合わせておくことさえ気をつければ別にソニー製でなくても普通にできる方法なのですが、ソニーとしてはカメラ付属の写真管理ソフトと統合することで使い勝手を向上させカメラ周辺機器としてGPSを売りたいようです。価格は$150で来月発売予定。単体のGPSレシーバとしては例えばBluetooth / USB付きのWintec WBT-200が$100くらい、ログ機能だけの製品ならもっと安く手に入ります。

[本家Engadget]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter