さらに進化した新セグウェイ i2 / x2 登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年08月15日, 午前 12:00
0シェア
FacebookTwitter

Segwayが二輪トランスポーターの新モデルi2とx2を発表。左と中央が万能モデルのi2、右がオフロードモデルのx2になります。これまでのセグウェイから大きく変わった点は前進・後退に加えて左右へのステアリングも体重移動で操作するようになったこと。これまではあまり直感的とはいえないハンドルグリップ操作でした。

以前のセグウェイがFCC入り記事で謎の無線デバイスとして紹介したのは"InfoKey"と呼ばれる新パーツで、ハンドル部分にマウントしたときはデジタルダッシュボードになり、取り外したときはワイヤレスのバッテリーレベルモニタやセキュリティ手段として使えるもの。そのほか"Saphion"リチウムイオン電池の採用で航続距離はそのままサイクル寿命が改善しています。

性能はi2が最大時速20km、フットプリント63×63cm、1充電での航続距離は最大38km。x2はおなじく時速20km、フットプリント63×84cm、オフロードでの航続距離19km。i2は$5000ですでに販売中、x2は9月に登場。i2 / x2それぞれにゴルフ用や法執行機関用、荷役用など数モデルが登場する予定とのこと。しばらく前にMobileWhack.com経由の記事として掲載したときは「あまり信用できない噂に格下げ」しましたが、MobileWhackの匿名ソースが正しかったようです。


[本家Engadget]


Read - Segway i2

Read - Segway x2

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter