サムスンSyncMaster 971P-R:アシンメトリぐるぐるスウィベル液晶

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年08月21日, 午後 11:00
0シェア
FacebookTwitter

かなり自由に角度調節できるトリプルヒンジ・スタンド採用のサムスン製19インチモニタ。画面の回転をセンサーで感知してポートレート表示に切り換えるオートピボット機能を搭載(Windowsのみ対応のMagicRotationソフトで)。

液晶としての性能はサムスンPVAパネルで解像度1280×1024のSXGA、コントラスト比1500:1、応答速度6ms、視野角上下左右178度。表示内容や人の皮膚の色などを感知して彩度を調節するMagicColor(よく画面半分有効でデモしているあれ)も搭載。入力系統はDVI×1。左右非対称な台座部分には2ポートUSBハブつき。

発売は8月25日から、オープン価格。


右上のボタン?類などがちょっと違うように見える本国版SyncMaster CX913Pはこんな感じにスウィベルします。

[via +D PC USER]

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents