「ユーザはアーティストや内容ごとにメディアを交換したがっている」「SDなら何万曲でも保存できる」発言でポータブルオーディオ界を震撼させたパナソニックD-snapに新モデル2機種が登場。SV-SD800Nはノイズキャンセリング機能付き密閉型ヘッドホン付属の「騒音キラー」搭載モデル。独自の「D-snap port端子」に接続して使います。

ノイズキャンセラはマイクで拾った周囲の騒音と逆位相の音を送るよくある形式。周囲の音を聞きたいときのためにShureのPushToHearのようなモニターモードもあり。

対応フォーマットはmp3 / wma / aac (拡張子.m4aも含む)。FMチューナーも搭載。バッテリーはユーザが交換可能なニッケル水素充電池で30時間再生(ノイズキャンセリングONでは20時間、モニターモードでは約17時間)。「SDで召し上がれ」なので内部メモリは搭載せずSD/SDHCスロットのみ、128MBのSDカード付属。


発売は9月8日から、価格はオープンで予想2万円前後。ノイズキャンセルヘッドホン(とD-snap port)がない下位モデルSV-SD400Vが1万6000円前後。発表会のあゆが観たい方はAV Watch+D LifeStyleへ。