プレイステーション3がFolding@homeに参加

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年08月23日, 午後 08:30
0シェア
FacebookTwitter

スタンフォード大学とソニーの発表によると、タンパク質を解析して科学に貢献する分散コンピューティングプロジェクトFolding @ home にプレイステーション3が対応・参加することが明らかになりました。

Folding @ homeは宇宙人を捜すSETI @ homeと並ぶ世界最大の分散コンピューティングプロジェクトのひとつで、アルツハイマー病・狂牛病・がんなどの解明に貢献するためさまざまなプラットフォームを通じた「演算ボランティア」が参加しています。今回発表されたCure @ PS3ではCellプロセッサのパワーを活かして一台で100ギガFLOPS、1万台でペタFLOPスケールのパフォーマンス達成を見込んでいるとのこと。


「だって、医学の発展に貢献しないって言ってないじゃない(笑)」というわけで、スーパーコンピュータらしいPS3の面目躍如たるニュースです。各家庭でぶんぶんPS3を回すことがどの程度効率的かはまた別の話ですが、Folding @homeはすでにさまざまな研究や論文に使われるなど成果を見せているプロジェクト。(プロセッサパワーという)力こそ正義!ゲームなんかどうでもいい!という方でもPS3を買う理由になる......かはともかく、「科学に貢献できて映画も観られる暖房器具」と宣伝すれば普及間違いなしです。

おまけといってはなんですが、PS3の新着画像も載せておきます。





















 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter