ソニーからロケフリ新型LF-PK20、H.264対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年09月6日, 午後 04:00
0シェア
FacebookTwitter

ソニーのロケーションフリーベースステーションに新モデルが登場、新たにH.264 (MPEG-4 AVC)での送信に対応しました。従来のMPEG-2に加えてH.264に対応したこと、さらに「ネットワーク適応型VBR」なる技術で帯域に応じたビットレートに自動調整することで途切れにくい画が送れるとのこと。帯域に余裕のある場合はMPEG-2で高画質転送もできます。

チューナは従来通りアナログ地上波(VHF / UHF / CATV)、ポート類はアンテナ端子、コンポジットビデオ入力×2、出力×1、S映像が入力・出力各1。100BASEイーサネットポート。無線LAN部分は802.11a/b/g対応。

価格はオープン(予想3万3000円くらい)。発売は10月20日から。またベースステーションから送信された映像を無線・有線LANやインターネット経由で受信してテレビに出力できるハードウェア「ロケーションフリーTVボックス LF-BOX1」も発表されています。S映像・コンポジットビデオ出力各×1と100BASE LAN、802.11a/b/g無線LAN搭載で別の部屋や外出先のテレビにつなげて使うもの。ベースステーション側外部機器のリモコンもTVボックスから操作できます。こちらは10月27日発売予定、価格は予想2万2000円。

[via Watch]

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter