噂されていたアマゾンのビデオダウンロードサービスAmazon Unboxが正式に開始されました。いまのところWindows限定の専用プレーヤソフトをインストールするもので、ファイルサイズは1時間番組で1.2GB程度。画質は「DVDクオリティ」。中身とDRMはWMVを使っているようです。

品揃えはワーナー、フォックス、パラマウント、MGM、ソニー、ユニバーサル、Lionsgateなど主要スタジオほぼ勢揃い。Amazon Unboxが非対応の某会社と仲が良いディズニーは不参加。長編映画のほか、CBS、BBC、コメディセントラル、ディスカバリーチャンネル、MTV、ニコロデオンといったチャンネルのテレビ番組、ダウンロードデビューとなるスタートレックのような古典、あるいはガンダムなどの日本アニメまで用意されます。

価格は長編映画の売り切り販売が$15前後、レンタルが$4前後。テレビ番組はiTMSと変わらず$1.99。レンタルは落としてから30日 / 再生してから24時間のいずれかがリミットになるようです。

またWMV DRMを使っているため複数のポータブルプレーヤにも対応。 具体的には"Plays For Sure"をサポートするCreative ZEN Vision系、東芝gigabeat系、ArchosやiRiverなどのデバイス。あたりまえですがiPodには対応しません。ポータブルデバイス向けにエンコードされたファイル(.amzn?)が一緒に落ちてくる方式。


映画の$13.65や$19.62といった価格をどうとるかはともかく、これがアマゾンにある&「お薦め」にプレビューボタンが付いている&その場で買ってその場で観れてしまうのはなかなか危険かもしれません。