Amazon Kindle:アマゾンの電子ブックリーダ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年09月11日, 午後 01:00
0シェア
FacebookTwitter



ソニーが自社の電子ブックリーダと同時にCONNECT経由の電子ブック販売に乗り出す計画なら、eBookストアもある世界一のオンライン書店が黙ってみているはずがない、というわけで、Amazonがみずから販売する電子ブックリーダKindleの情報が入ってきました。"Kindle" (キンドル)は「点火する」という意味。

FCC提出書類によると、Kindleは解像度600×800の6インチディスプレイ、内蔵256MBメモリとSDカードスロットを備えた電子ブックリーダデバイス。サイズ・重さは幅134.5×縦190×厚さ18mmで289g。親指で打つミニキーボードも搭載しています。


「なんで電子本リーダがFCC(連邦通信委員会)に?」と思ったら、KindleはなんとEV-DOデータ通信に対応するとのこと。携帯データ通信なので(ネットワーク圏内なら)どこでも接続でき、Kindleからウェブを見たり直接コンテンツを購入することが可能になるようです。リンク先FCCにあるテストリポートやマニュアル以外の詳細はまだ不明ですが、発売時期や価格などが分かりしだい続報をお伝えします。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter