6月に"The Ultimate Keyboard"としてFlashティーザーが公開されていたマイクロソフトの新キーボードが正式に発表されました。名称はWireless Entertainment Desktop 8000となり、キーボードとWireless Laser Mouse 8000のセットになります。

キーボードは薄型で各種ホットキーやナビゲーションパッド、メディアコントロールボタンが付いたBluetooth接続で、最大の特徴はマウスと共に無接点充電式なこと。


充電ステーションから「ひさし」のように張り出した部分の下にキーボードを、上にマウスを置くと無接点で充電されます。充電ステーションには4ポートのUSBハブ機能もあり。

また充電式では世界初というバックライトも採用。光センサー搭載で室内が暗いとき、かつユーザが前にいるときだけバックライトが光ります。

マウスのほうはおなじくBluetooth接続、充電ハブのうえに載せて無接点充電できるほかは普通のチルトホイール搭載レーザーマウス。バッテリー残量インジケータつき。

価格はキーボードとマウスのセットで$249.95、Vistaの登場を待って2007年2月に登場。無接点充電とバックライトのないバージョンWireless Entertainment Desktop 7000は$149.95で1月、マウス単体は$89.95で今年10月に発売されます。