可動部品ゼロの「イオン冷却」PC

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年09月18日, 午後 01:00
0シェア
FacebookTwitter

おなじみInventgeek.comのMOD師 Jared Bouck氏による最新作は、世界初という「イオン冷却PC」。一体何事かと申しますと、PCのケースファンをいわゆるイオン式空気清浄機とおなじ仕組み(部品としてはそのもの)に換装してファンを使わずにエアフローを確保したというもの。

さらにCPUやGPUのヒートシンクを高性能な大型に変更、電源もサーマルテイク製のファンレスを使い、そのうえHDDの代わりにRAMドライブボードi-RAM二枚(計8GB)を載せて完全ファンレスかつ可動部品ゼロのほぼ無音PCを実現したというなんとも大変な代物。パフォーマンス的にもデュアルコアのPentium D 3.2GHz、GPUにNVIDIA 7800 GTX、i-RAMのRAID 0 構成とハイエンドの範疇に入っています。

素直にすごいというより極めて興味深く妖しいといいますか、一番気になるのはいわゆる「イオン風」だけで充分な風量が確保できているのかという点ですが、リンク先によるとしっかり325CFMを達成して高負荷状態(3D Mark 2006)でも熱問題は発生しないということになっています。実際の中身はどうなっているのかやっぱり気になる方はRead先の詳細な製作記へどうぞ。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter