ソニー製バッテリーまたリコール:レノボ・IBMの50万個以上で過熱の恐れ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年09月28日, 午後 04:00
0シェア
FacebookTwitter


レノボのプレスリリースによると、ソニーが製造したIBMブランドのリチウムイオンバッテリーに過熱・発火の恐れがあり、世界で50万個以上の対象バッテリーすべてを無償交換するとのこと。

対象となるのは2005年2月から2006年9月に販売された以下のシステムに搭載されたもの。

  • ThinkPad R シリーズ (R51e、R52、R60、R60e)
  • ThinkPad T シリーズ (T43、T43p、T60)
  • ThinkPad X シリーズ (X60、X60s)

またThinkPad T4x / R5xシリーズにも同じバッテリーが使用できるため、上記期間内に出回った交換バッテリーも対象になっている可能性があります。該当する方はレノボのリコールページで確認してください。

デル製ノートPCで410万本アップルで180万本の欠陥バッテリーがリコールされた際、ソニーはこれ以上のリコールはないと安全宣言していたはずですが、先日ロサンゼルス空港で爆発したThinkPad (写真)の調査を進めた結果、やはりIBMブランドで販売されたソニー製リチウムイオン電池にも同様の危険があると分かり今回のリコールに至ったようです。ソニー製バッテリーパックは東芝でも充電・放電できなくなる欠陥で約34万個がリコールされています。

Read - レノボのリコールページ (日本語)
Read - 米CPSC(消費者製品安全委員会)のリコール情報ページ。詳細はこちら。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter