GoogleがYouTubeを買うらしい、という噂が現実になりました。Googleのプレスリリースによると、買収は総額16億5000万ドルの株式交換でおこなわれるとのこと。

シュミットCEOの公式コメントは「YouTubeチームが築いてきた強力でエキサイティングなメディアプラットフォームは、世界中の情報をオーガナイズし誰にでも役立つようアクセス可能にするというGoogleの使命を補完するものだ」。

買収後もYouTubeブランドは独立、社員もオフィスもそのまま。Googleによる買収で得られるのはバックエンド技術、Google検索との統合、Googleブランドによるコンテンツ企業や広告主との信頼関係やグローバル展開など。

YouTubeとよく比較されるNapsterがコンテンツ企業からの削除要求に応じつつ、またパートナー企業を通じた「合法的な」ビジネスにも足がかりを付けつつやっぱり完全に殺されてブランドだけ再利用されたのと異なり、YouTubeは何だか分からない可能性を持ったままGoogleの世界征服事業に組み込まれたようです。