デルの30インチ液晶がアップグレード、3007WFP-HCに

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年11月14日, 午後 06:00
0シェア
FacebookTwitter


お求めやすい30インチモニタとして定番のデル3007WFPがパワーアップ、「3007WFP-HC」が登場しました。

クアッドコアのCore 2 Extremeを搭載可能なゲーマー向けデスクトップXPS 710と同時に発表されたもので、バックライトにW-CCFL(Wide Cold-Cathode Fluorescent Lighting)を採用してNTSC比92%の広色域を実現(従来は72%。「なんか色が良くなったらしい」程度にお考えください)。

そのほか応答速度が従来のカタログ値14msから8msに(小さい字の注意書きではグレイtoグレイが平均11ms、BtoWが14ms)。 2,560 x 1,600 (WQXGA)の解像度や9 in 2のメモリカードリーダ、USB 2.0ハブなどは従来と同じ。価格は$1699で年内発売。

液晶モニタは型番がおなじでも中身のパネルによっていつのまにか性能があがっていたりするものですが、必死の思いでなんとかプレイステーション3を手に入れた相手に向かって「1080p?よくそんなローレゾでゲームできますね」と言い放つ8800オーナーの皆さんは要チェックです。



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter