任天堂:来年の「DVDビデオ対応Wii」は外形・機能とも変更なし

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年11月17日, 午前 12:00
0シェア
FacebookTwitter

まだ登場していないのにさっそく「次期モデル」の発表をして大丈夫か?と思われた「DVDビデオ再生機能つきWii」について、任天堂から正式な発表がありました。リンク先の任天堂ホームページ・Wii Q&A「音楽CDやDVDビデオは再生できるの?」によると、
12月に発売するWiiには音楽CDやDVDビデオを再生する機能はありません。
2007年後半に、DVDビデオ再生機能を搭載したモデルの発売を予定しています。このモデルでは、外形デザインの変更や、その他の機能追加は予定していません。また、DVDのライセンス料の関係で、現行モデルよりも価格が高くなる見込みです。

とのこと。DVD以外の新機能が追加されたりさらに小型になった次期モデルではなかったようです。12月に発売されるWiiを買うか来年後半まで待つかは、どうしてもWiiでDVDを見たい場合だけということになりました。とはいえ、「外形も機能も同等」なのは今年12月にでる初代と比較しての場合。DVD再生だけ追加版とはまた別にWii LiteやWii SPがでないとも限りません。

おまけ: 謎の日本人男性2人組が登場する北米向けコマーシャル「Wii Would Like to Play」の第二弾「Wii for All」がYouTubeにて公開されています。今回は2分間のロングバージョン。

(画像は今年のE3よりなんとなく。「今回のリンクは女」説の強力な証拠と思われます。)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents