ドラゴンクエスト生誕20周年 新作発表会において、いわゆる正伝にあたる「ナンバリング」の新作 『ドラゴンクエスト IX 星空の守り人』はニンテンドーDS対応ソフトとして登場することが明らかになりました。

堀井雄二×すぎやまこういち×鳥山明の黄金トロイカに開発を前作VIIIのレベルファイブが担当、ニンテンドーDSの無線機能を活かした4人協力プレイが可能になるネットワーク対応タイトルになるとのこと。DS同士のワイヤレスプレイだけでなくWi-Fiコネクションにも対応予定。登場は2007年内。



スーパーファミコンからプレイステーション、プレイステーション2と常に勝ち馬に乗ってきた(勝ちプラットフォームが決まるまでは出さなかった)こと、ニンテンドーDSのどうぶつの森が300万本以上を売り上げたことからすれば当然の判断ではあるものの、据え置きが正伝・ポータブルゲーム機では外伝というこれまでの常識からすると意外なニュースです。据え置き 携帯ならなぜ国民機PSPでなかったのか悔やまれますが、次のXこそPS3で「竜は竜の理屈」「髪の毛一本がそよいでも楽しいドラクエ」に期待しましょう。

Read - +D Games
Read - famitsu.com