Optimusキーボードはやっぱりカラー、1キー版も登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2006年12月12日, 午後 04:00
0シェア
FacebookTwitter

そろそろ真面目に相手をしてはいけないのではないかと思いつつ逐一掲載せざるを得ない「全面ディスプレイキーボード」ことOptimusですが、プロジェクトblogによると、ガジェット史上に残るガッカリニュースだった「当初はモノクロ版」を撤回、有機ELを採用したカラー版Optimus 103からリリースする計画に変更したとのこと。

12月12日に予定されていたモノクロ版の予約開始はロードマップ朝令暮改に伴って中止。カラー版の予約開始はサプライヤとの調整が終わりしだい、2007年2月前後になるとされています。

なんだかもう嬉しいのか悲しいのか、どう対応して良いのやら分からなくなってきましたが、当初の発表通りカラー版(から)登場するのは歓迎できる報せではあります。価格も「良い携帯電話程度」という発言からそれほど外れないことを祈ります。


Optimus関連といえば、こちらはこちらである程度人気らしい3キー版Optimus mini threeはディスプレイ品質やクリック感、ノイズの問題を改善したv2.0が登場したようです。価格は値下げされて$150。今後は25fpsのアニメーション実現を目指して2007年末にはv3.0をリリースする計画とのこと。また1キー版、というのか単独の画像表示ボタンOptimus mini oneの登場も計画されているようです。これはこれでハードウェアの電源ボタンに使ったりすれば面白いんじゃないでしょうか。

("Kazunori Makino"さん、毎度ありがとうございます!)

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents