シャープから、業界初という32ワイド型フルHD液晶パネルを採用した新AQUOS Gシリーズが発表されました。

スペックは「世界の亀山ブランド」ブラックASVパネルでコントラスト比2000:1(室内照度200ルクス時のリビングコントラストでは900:1)、輝度450cd / m^2、応答速度6ms。
地デジ/BS/CSチューナーと地上波アナログチューナー各一系統を内蔵、ポート類はシャープのファミリンク対応HDMIx2、D4x2、Sビデオx2、コンポジットx4、i.LINKx2、さらにDVI-Iも搭載。RGBに「深紅」を加えた4波長バックライト、室内の明るさによって輝度を最適化する「明るさセンサー」、新開発の1ビットデジタルアンプあたりも売り。

ラインナップはアンダースピーカーのLC-32GS10、サイドスピーカーのLC-32GS20の2モデル。発売は12月22日から、予想価格は28万円前後。フルHDソースを映すにはフルHDじゃなきゃヤダ、PC用モニタじゃなくてテレビじゃなきゃヤダ、でもあまり大きいと困るという方には待望の機種です。上のサイズより別に安くないのは省サイズ費と考えましょう。