E3で展示されていた赤や黒のWii本体カラーバリエーションについて、あまり信用できない噂が届いています。

任天堂公式Wii QAでは「本体やWiiリモコンのカラーバリエーションは充実するの?」という質問に対して「現在のところ、一台でも多く皆様にお届けするため、単一カラーとしています。展開の予定は未定です。」としていますが、ゲームニュースサイトDPADに「地元トイザらスの話し好きなマネージャから聞いた話」として掲載されているところによると、任天堂は2007年4月までにWiiの「再立ち上げ」をおこない、カラーバリエーションのほか本体価格を$200 (現行は$250。日本で言えば2万円)まで値下げするらしい、とのこと。

年度末までに需要が一段落するとはとても思えないWiiを数か月で値下げはさすがにおいそれと信じられるものではありませんが、来年Q2はWiiConnect24を活用したオンラインマルチプレーヤゲームの本格展開が予告されている時期。「ライバルではない」ライバルの動向を見て何らかのキャンペーンがおこなわれることはあるかもしれません。値下げはともかく、早めのカラーバリエーション展開には期待したいところです。