今年のクリスマスシーズンにも全世界でとんでもない数が販売されたであろう第二世代iPod nanoにノイズが発生するという報告が相次いでいるようです。

今回急に報告されはじめたのは音声出力にノイズが乗る話ではなく、本体からうなるようなノイズが聞こえるというもの。程度はうるさくて耐えられないというものから言われてはじめて気付いたというものまで。

リンク先アップル公式フォーラムでは相当数のユーザがノイズ問題を訴えているため、単に新規購入者が増えたからというより製造工程上に何らかの変化があったのでは、と推測されています。

Engadgetが手元で調べた範囲では、聞こえるものの耳をくっつけないと分からない程度。最近のロットではノイズ個体が増えているとも考えられます。アップルはMacBookのノイズも相当時間はかかったもののちゃんと認めているため、一定数以上のユーザが不快に感じる程度であれば直してくれるんじゃないでしょうか。