左右独立ワイヤレスヘッドホンを実現するKleer Audio

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年01月11日, 午後 03:00 in kleer
0シェア
FacebookTwitter

CESのRCAブースでデモされていたRCAのポータブルプレーヤ"Jet Stream"。手の中サイズの本体に1.5インチ有機ELディスプレイ、FMチューナー、1GBメモリ、12時間再生バッテリー。本体は至って普通のMP3プレーヤですが、すごいのは左のワイヤレスヘッドホン。左右をつなぐワイヤすらない「本物の」ワイヤレスヘッドホンです。

これを実現したのは新しい無線技術Kleer Audio。アップルのご近所にあるKleer社のKleer Audioは高音質&低消費電力が売りの新しい無線通信規格で、「Bluetoothヘッドホンの10倍のバッテリー寿命」「16bit / 44.1KHzのロスレスオーディオ転送」が謳い文句。(でも通信範囲は1.5~2m程度なのでポケットやかばんから耳くらいまで)。



Kleer社はこの技術をOEM向けに提供すると発表しており、iPod nano用のワイヤレスヘッドホンセットなども活用例としては公開されていたものの、まずはRCAのMP3プレーヤに採用されて登場になりました。


CESのフロアで試聴した感想によれば音質は極めて良好。注目は2.4GHz帯の電波が飛び交っているはずの会場内でもノイズや干渉が(少なくとも試聴した範囲では)なかったこと(実機のフォトギャラリー)。JetStreamはこのKleerワイヤレスヘッドホンとセットで$129で登場する予定。せっかくワイヤレスなのに結局左右のあいだはヒモやバンドでつながっているBluetoothステレオヘッドホンに釈然としない向きには注目の技術です。リンク先はKleerのプレスリリース。




 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: kleer
0シェア
FacebookTwitter