すでに先週から非公式に発表されていましたが、マイクロソフトの次期モバイル向けOS Windows Mobile 6が正式に公開されました。新機能についてはメールの強化・Officeアプリのアップデート・Vistaとの連携・Windows Liveサービスの統合などほぼ既報通り。また東芝G900のようなWVGA (800x480)、あるいはPalm風の320x320といった解像度のサポートも加わりました。

Windows Mobile 6搭載スマートフォンを投入するキャリアはT-Mobile、Orange、at&t、Sprint、Verizon、Vodafone、ソフトバンクなど。メーカーはHP、LG、東芝、Palm、サムスン、モトローラetc。3GSMで発表される各社新モデルについては引きつづきお知らせします。スクリーンショットギャラリーはこちら(Professional, Standard)。

Read - マイクロソフトのプレスリリース
Read - Windows Mobile 6 Fact Sheet (.doc)